記事リスト

血糖値の上昇を抑えられる

パン

ダイエット向け

日本で主食の代表といえばご飯でしょう。かつてはあまり精米されていないものや玄米などが多かったとされますが、今はきれいに精米されたものが一般的になっています。精米されると非常においしいですが、その分炭水化物の割合が多くなります。炭水化物は体内に入ると血糖値の上昇に影響を与えるため、太りやすくなる性質を持っています。お米以外には小麦粉も炭水化物になります。こちらもきれいに精製されるほど炭水化物の割合が高くなります。その中で人気が出てきているのが低糖質のパンです。通常はきれいに精製された小麦粉を使うことが多いですが、低糖質のパンでは少し変わった小麦粉を使います。精製されたものではなく、胚乳など本来取り除かれる部分が含まれています。これらの中には食物繊維に該当するものもあります。低糖質のパンは一般のものと見た目もそれほど変わりませんしボリューム感もそれほど変わりません。食感なども硬くて食べられないような硬さではありません。低糖質のパンは、中に含まれる炭水化物の割合が少ないので、その分血糖値の上昇を抑えることができ、炭水化物の摂取に気を使っていた人にいい食品として注目されています。通常のタイプを控えていた人の中には、食べたいけども糖質が気になって買えなかった人がいます。また実際に買っている人の中には、同じような商品を買うならより健康にいいものを買おうとして選ぶ人もいます。多くの人が求めているニーズに合った商品と言えるでしょう。